HIMATUBUSIGARAKUTA
閑潰画楽多

 増野暁 ひまつぶし画楽多工房
水彩 スケッチ
スケッチは 楽しい




 
    





小さなエンピツ画-28 鞆の浦・福山市-3
(この絵の原画はハガキ×2のサイズです)
 1月14日にこのシリーズをはじめ1か月以上がたちましたが、まだまだ寒い日が続いていて外ででスケッチしようという気分になりません。そんなことで当分の間コタツ絵を続けることになりそうですがよろしくお願いします。
 私はいつもヨコ長の紙に風景を切り取って描きタテ長の紙に風景を描くことはほとんどありません。そのためタテに風景を切り取っているこのシリーズは多少の抵抗感、違和感、時に新鮮さを覚えながら描いています・・・・・。
 

■ 更新記録
2018年1月
■ 小さなエンピツ画
2017年12月
■ 梅田界隈
2017年11月
■ 真如堂 ■ 止々呂美 晩秋 ■ 千里NTの秋 ■ 通天閣
2017年10月
■ 高槻・原 秋 ■ 大阪市中央公会堂あたり
2017年9月
■ 明日香村 秋 ■ 湊町リバープレイスあたり ■ 止々呂美 秋
■ 明日香村 晩夏2 ■ 明日香村 晩夏
2017年8月
■ 大阪城 ■ 甘樫丘

2017年7月
■ 岡崎 白川畔(京都市) ■ 神戸港あたり ■ 西梅田
2017年6月
■ 止々呂美(箕面市) ■ 鴨川納涼床など
2017年5月
■ 高槻 原 ■ 京都中京区ぶらり(悠彩会スケッチ会)
2017年4月
■ フェスティバルシティから梅田へ、そして淀川から梅田方面を
■ 高津宮から空堀商店街へ(大阪市中央区) ■ 日本民家集落博物館(豊中市)
2017年3月
■ 野田あたり(大阪市福島区) ■ 散歩道の風景
2017年1月〜2月
■ 雪が降る

 
皆様へ
 子供のころ好きだったスケッチを再開したのは、約20年前。
人生には節目があるもので、仕事ばかりが人生ではない、何か自分だけで出来ることをしようと考え、水彩画の仲間に入り水彩画スケッチをはじめました。海外にスケッチに行ったり、日本の古い街並みを描いたり、風景画を中心に描いてきました。
 素人の強さでしょうか、個展を開いたり、人に見てもらうことも励みになり、ついに、そのスケッチの楽しさを本にしようと思いパソコン本「閑潰画楽多考・スケッチのススメ」をつくりました。
 その本をもとに、2003年2月から、マニュアル片手にこのホームページを作りはじめました。その後、スケッチに行くたびに、少しずつ絵を増やしてきました。
 日記のように三日坊主になるだろうと思っていた「ないしょばなし」の欄も9000話を超え、これも呆け防止の一つと思いながら書いていますが、われながら良く続いているものだと思っています。
 これもひとえに誰かこのホームページを覗いている人がいるからだと思います。今後も出来る限り最新のスケッチを追加し、スケッチって楽しんだなぁ、ということがお伝えできればと思っています。

                                                                                       2014年0101日     
                                            画楽多工房 主宰 増野 暁 (MASHINO SATORU)
HPスタート 2003.02  2014.09.14sakuraに移転